銀行預金における遺産分割の対象について

相続財産の中に、可分債権がある場合は、その債権は、当然に分割され各相続人が法定相続分に応じて承継されます。

銀行預金等の、金銭債権は、相続開始とともに
当然に各相続人に分割されるものとするのが判例の考え方です。


“銀行預金における遺産分割の対象について” の詳細は »

相続手続きをすすめるための一歩

まずは、亡くなったかたのお生まれからお亡くなりまでの連続した戸籍謄本を取得して、相続人を確定させることから始めます。

相続とは、亡くなった方の財産を承継することで
その手続をすることを、相続手続きと言います。


“相続手続きをすすめるための一歩” の詳細は »

配偶者と子の相続、相続欠格者が相続人に含まれるケース

子の一人が親を殺害し、配偶者と残った子供が相続した場合の相続分について

被相続人を虐待したり、尊大な侮蔑を与えたりなどした場合、その相続人となるべき者の相続権を失わせる事ができます。これを廃除といい、家庭裁判所に請求することで手続きできます。
“配偶者と子の相続、相続欠格者が相続人に含まれるケース” の詳細は »

法律上の相続が家庭の状況と合わないケース

家督相続を踏摺した状況での相続の問題がある。昭和の中盤以降の法律も含めて考えていくと面白い

日本の国の場合、長らく家督制度を取っていたため、その家の財産は長男へと継がれ、他の兄弟や嫁に行った娘などに財産が行くということがありませんでした。しかし、現在は子であればその相続分は等分であり、以前は後順位であった妻の相続権も配偶者は必ず相続人となる権利を持ちかつその相続分も少なくありません。
“法律上の相続が家庭の状況と合わないケース” の詳細は »

遺留分とはこんな決まりだと知っておこう

遺留分の割合を具体例で説明します。自分の家族の場合に照らしあわし理解を深められます。

前回お伝えした遺留分について、その割合はどのようになっているかをお伝えします。
大きく分けると、以下の3種になります。

1)直系尊属のみが相続人である場合⇒遺留分は被相続人財産の1/3
2)直系尊属以外にも相続人がいる場合⇒被相続人財産の1/2
3)兄弟姉妹のみが相続人の場合⇒遺留分は0
“遺留分とはこんな決まりだと知っておこう” の詳細は »

遺留分を解説してみると遺言の注意点が出る

遺留分とはどんなものなのか?またその権利は誰が持っているのでしょうか

遺留分とは、「残された家族に対して最低限保証される財産」のことです。

相続が発生した場合、通常民法で定められている一定の相続人がその財産を分割して相続しますが、被相続人(亡くなった人)が遺言を残していた場合、その内容が優先されます。もし、その遺言の内容が、赤の他人に全財産を与えるなどといったものであった場合、残された家族が被相続人の財産に依存して生活していたとしたら、直ぐに生活に困窮してしまうという事も考えられます。
“遺留分を解説してみると遺言の注意点が出る” の詳細は »

相続の順位を特定できたら遺産分割協議

相続人の順位。配偶者と血族の相続権

相続人は配偶者と血族の2種があります。

この時の配偶者とは、法律上婚姻関係にある正式な妻もしくは夫のことであり、内縁関係は含まれません。また、配偶者は相続欠格や廃除にならない限り、常に相続人となります。

一方、血族(血の続いた親族のこと、例外として養子は子と同じに取り扱われるので、血族としての地位を持ちます)の内、相続人となる可能性があるのは直系卑属(子、孫、ひ孫など)や直系尊属(両親、祖父母など)と兄弟姉妹、甥、姪、になります。
“相続の順位を特定できたら遺産分割協議” の詳細は »